トップ > リフォーム > 住まい健康チェック

あなたのお住まい、健康ですか?


永く快適に住むための~住まいの健康チェック!


安心して暮らせるわが家、いつまでも美しく健康であって欲しいものです。
しかし、しらないうちに少しずつ劣化が!
特に気を付けたい屋根や外壁の傷み、柱や基礎の欠陥は放っておくと大変なことに。
気になる症状はありませんか?大切な住まい、早め早めのチェックをおすすめします。

どこか気になるところがないか、まずはセルフチェックをしてみましょう!

定期的なメンテナンスで住まいの寿命も資産価値も大きく変わってきます。






【主要構造部】基礎・土台、柱・はり、床、階段


家の外側と内側から見てみましょう。家の周りを一周しながら基礎を観察します。基礎にひび割れがはいっていないか。羽蟻が家の周りを飛んでいないか、基礎の内外部分に木くずやごみがあれば、シロアリの繁殖する温床になりますので
すぐに掃除をしましょう。さらに基礎の内部(床下)も確認してみましょう。床下の点検口や床下収納庫から見ることができます。床下に潜れるなら、入ってみましょう。入る際は、マスク・軍手をするなど、服装にも注意してください。家の内側では、土台や床板などが変色したり、表面があれていないか、もしそうだとしたら、漏水、湿気、シロアリなどの原因が考えられます。


設備や構造にかかわる部位、性能に影響を与える部位、危険な部位は素人工事は危険です。その家の設計や施工にかかわった、設計者や現場管理者に定期的に点検してもらうか、当社へご相談ください。


主要構造部の修繕

基礎部分に0.5mm幅を超えるひび割れがあったり、コンクリートの表面に鉄サビが浮いていたり、鉄筋が露出している場合は対応が必要となります。主要構造部の修繕は、表面だけを補修するのではなく、不具合を発生させる根本の原因を取り除く必要があります。必ず専門家に相談しましょう。


屋根・外壁

屋根 

雨漏り以外に、屋根の材質によって特徴的な痛みが出てきます。

<日本瓦・洋瓦>瓦がずれたり、浮いて開いてくる。
<金属屋根>  腐食によりサビが出てくる。
<スレート屋根>色あせしてくる。

屋根が破損したまま放置しておくと、雨漏りで建物全体を痛めます。住まいを長持ちさせるためには、修繕の必要な箇所を早く発見して対策をとる必要があります。梅雨の前に点検をおすすめしています。

<屋根の葺き替え>瓦は30年~50年を目安に葺き替えが必要になります。金属屋根は20年~30年が目安です。
<屋根の塗装>  セメント系の屋根は塗装が痛むとひび割れの原因になります。10年を目安に塗り替えをします。

外壁

外壁はサイディングの壁や、モルタルなどの塗り壁が主流になっています。サイディングの場合、継ぎ目のシーリングが劣化したり、釘の周りに割れができたり、表面が一部変色するなどの現象が現れたりします。そのまま放っておくと、外壁の耐久性や防水性に影響をおよぼすこととなります。外壁のひび割れが即、水の侵入につながるとは限りませんが、その下地の防水シート等の部分が損傷していると水の侵入につながりますので、点検をおすすめします。また塗り壁が浮いていたり、はげ落ちた場合は、壁が劣化して性能が落ちている証拠です。修繕が必要になりますので、当社へご相談ください。



キッチン・浴室・トイレ・洗面室




耐震・省エネ


バリアフリー・防犯・防災


エクステリア