ZEH(ゼッチ)への取り組み

 ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建て住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っております。詳しくは、下記の経済産業省ページをご確認下さい。

経済産業省 資源エネルギー庁 WEBサイト

小薗建設では「平成30年度ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年に向けたZEH普及目標を策定いたしました。

 

ZEH普及目標・実績(受託率)

 

年度   目標値

 2016年度

 20%

 2017年度

 30%

 2018年度

 50%

 2019年度

 70%

 2020年度

 70%


 

具体的なZEH普及策

1.自社ホームページへの掲載、ショールームや見学会等にてご来場者への提案
2.住宅営業、工事担当者向けのZEH研修を実地し、全社員周知のための説明会を実地する
3.ZEHに関する説明に必要なお客様向けの営業ツールを作成する
4.ZEH住宅を販売しやすくするため商品化をして、仕様、金額を明確にする

ZEHのコストダウンにむけた具体策

 

1.ZEH仕様の標準化を図るとともに各建材、設備メーカーと協力を行い
コストダウン(原価の見直し)や資材ロスの削減等を行っていきます。

その他の取り組み

1.ZEHに関する社外研修、勉強会への積極的な参加をする
2.太陽光発電の利用のメリットなどを説明提案できるようにしていく。

 

新築注文戸建て住宅への取り組み


高機能断熱材や高性能サッシ等を取り入れた高気密・高断熱住宅を標準仕様化
するなど、省エネ住宅の普及に努め、住まいの良さをアピールしたいと思います。
また創エネや他再生エネルギー活用の採用も視野に入れ、普及に努めてまいります。