トップ > OSONOの家づくり > 住まいを建てる前に > 着工までの流れ

 

 

 当社は完全フルオーダーの注文住宅ですのでお客様やその時の状況によって工事の流れが変わることがありますが大まかな流れをご説明いたします。大まかな流れをつかんでおけば資金繰りなども安心です。注文住宅は設備機器から壁や床まですべてが自由自在なため、決めることがたくさんあります。お客様の趣味やライフスタイルに合わせ家づくりのアドバイスをさせていただきます。

 

 

 

 候補地選定  ※敷地が決定していない場合

 
敷地選びは住まいづくりの大きな要素です。 農地転用や名義変更なども併せてご相談ください。  

 

 だいたいの予算を決める

 
 

まず、”住まい”にどのくらいのお金をかけられるのか考えます。 家づくりには土地・建物・そして手続き代・家具代など さまざまなお金がかかりますが、総額いくらまでお金をかけられるかを考えます。OSONOの家づくりではお客様の資金をお客様の家づくりのために最大限活かし、ご満足していただけるご予算でプランニングしていきます。

 

 

 

土地測量 

 
敷地を十分に読み取り、現況と将来の周辺状況の検討を行います。また、同時に法規や附帯工事の内容もチェックします。  

 

 

 プランニング打ち合わせ~ご提案

 
 

敷地やヒアリングの内容を基にプランと概算見積もりをご提案します。

 

 

 

建築申込み(プランニング料ご入金)~詳細プラン打合せ 

 
 

ご納得頂きましたら、仮契約として建築申し込みをいただきます。間取り、システムキッチン、システムバス、内装、外装などの細々したことを一つ一つ決めていきます。ここから家が完成するまでの間、何度も打合せを重ねます。打合せを重ね、プランが固まったところで、そのプランを基に詳細お見積をご提示いたします。住宅ローンをご利用される方は、この時点までに、いくらまで融資してもらえるのか見当をつけておく必要があります。住宅ローンのお手続きなどもご相談ください。

 

 

ご契約 

 

詳細図面の内容・お見積書等をご確認いただきご納得いただけましたらご契約となります。

 

 

 

 

住宅ローンの申し込み 

 
 

住宅ローンの申し込みには、建物の図面と契約書の写しの提出が必要になります。

 

 

地盤調査 

 

スウェーデン式サウンディング方式にて調査します。

調査報告書にて地盤改良が必要になった場合も、OSONOで長期保証の地盤改良工事を行いますので、安心してお任せください。

 

 

地鎮祭 

 
 同時に近隣への挨拶回り、建物の配置の確認なども行います。
 

 

建築確認申請の提出 

 

 

当該行政機関に申請し、法規に適合しているかの審査を受けます。当社では確認申請がおり、着工後、1級建築士と第三者機関により中間検査、完了検査を行います。お施主様に安心して家づくりをお任せしていただけるよう細心の注意を払って家づくりを進めてまいります。

 

 

着工 

 

 

 建築確認の確認済証交付後、基礎工事を開始します。

 

 

 

上棟式 

 

 工事の安全の祈願と、棟が上がったことを喜び感謝する儀式です。お施主様の希望に合わせて、餅まきを行うこともございます。

 

 

お引き渡し 

 

お施主様お立会いの下、建物とお引渡し書類の確認 をしていただきお引渡しとなります。

 

 

 


トップに戻る