トップ>OSONOのリフォーム>外壁の修繕(リフォーム)



外壁は、強い日差しや熱、風雨などから住まいを守ることで表面が徐々に劣化してきます。 劣化した状態を放置し

続ければ、雨漏りや躯体の劣化につながりかねません。 早めのメンテナンスや外壁リフォームが、住まいを守り、

住まいの寿命を伸ばします。




こんな症状が出たら要注意!早めの対策をおすすめします。







外壁リフォームの種類と特徴


外壁のリフォームには、 「外壁塗装(塗り替え)」 「重ね張り」 「張り替え」  という3つの方法があります。

    

外壁塗装

もっとも費用が安く、手軽にできる外壁リフォーム。塗る前に外壁の点検と補修を行い、高圧洗浄で汚れを落としてから下地塗りと2回の上塗りを行います(「下塗り」「中塗り」「上塗り」ともいう)。外壁の劣化が、汚れや色あせ、細かなクラック、チョーキングなどの場合は外壁塗装で済むことが多いです。
使用する塗料には「フッソ樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「アクリル樹脂塗料」があります。また、ひび割れの補修材として「弾性アクリル塗料」が使われることも。 


フッソ樹脂塗料 ビルなど耐久性を確保したい建物に使われる。価格は高め。商品ごとの特徴差が大きい
シリコン樹脂塗料紫外線に強く、親水性・防汚性が高い。リフォームで使われることが多い
ウレタン樹脂塗料紫外線に強く、ツヤが長持ちする。防汚性はやや低め。リフォームで使われることが多い
アクリル樹脂塗料紫外線に弱く、耐久性は低め。もっとも価格が安い
弾性アクリル塗料細かなひび割れが多数ある場合に使われる。ゴムのように弾力性があり、外壁自体の伸び縮みに 追随して表面を保護する


重ね張り(カバー工法)


張り替え




おもな外壁の種類と特徴



外壁に使われる素材には大きく分けてサイディングモルタルがあります。地域差はあるものの、現在の主流はサイディング。また、両者と比較して割合は少ないものの、漆喰レンガ石材なども外壁材としてよく知られています。


また、地域によっては外壁や屋根に使う仕上げ材に制限がある地域もございます。火災での延焼を抑えるために、その地域の土地利用や建物の密集度などを考慮して、防火地域、準防火地域が指定されています。指定された地域では、外壁や屋根、窓などの外装を燃えにくい材料で仕上げるように、法律で定められています。また、風致地区などは、街並みや景観を保つため、街並みへの調和や建物の資産価値を保つことができるような外観にリフォームします。


外壁リフォームは屋根リフォームと一緒に行うのが効率的

外壁リフォームでは、塗料や外装材などの材料費のほか、足場工事や取り付け工事の費用がかかります。
外壁の塗装や補修を行う場合は、外壁部分だけでなく、屋根や雨どいなど、その他の外周部分についても同時に点検してもらうと良いでしょう。特に劣化のタイミングが似ている屋根と外壁は、同時に塗装・修繕を行うことで、別々にリフォームする場合よりも足場工事費や取り付け工事費用を削減することができます。